ひねもす青赤22ch vol.2

FC東京サポでナイトメアを愛して止まないアラサー女の
日々のつぶやきブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「300」のDVD見た。

発売日の1ヶ月近く前に特別版を予約して、
9/29に出かけた帰りに受け取りに行きました。

で、率直な感想なんですけど・・・

私は映画の時の字幕(訳)の方が好きです。
ところどころ違うというか、"重く"ないんだよね。
最後のステリオスのセリフとかさ。
隊長の「最愛の息子だと伝えられなかった」のとことか。
まぁ色々。(セリフ覚えてる時点でどうなのよ?w)
ただ、製作の期間を考えると致し方ないところなんだけど
グっとくるところでの差分は惜しいな・・・。

慣れ・・・もあるのかなぁ?って。

それとね、何も設定せず普通に再生したら
いきなり日本語版が再生されたんだけど、
普通は英語音声/日本語字幕がデフォルトじゃないの?
ディリオスの声じゃないんで Σ(゚Д゚;エーッ! ってなったわw

でも、この映画は相変わらずステキだわ♪
movie | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

スパルタンのDVD出るー(≧∀≦)

私が仕事でヒィヒィしていた間に
300<スリー・ハンドレッド>のDVDが発売になることが
決まっていたみたいですね。

買う!!絶対買いですって!!テンション↑↑↑↑↑

今度は家でThis is SPARTA!!!!をできるー!!!!



会社でたまたまyodobashi.comを見ていたら
「300」のバナー(というのかな?)がついてまして。
きゃ〜〜〜(壊)とかやってたら新人くんに笑われてしまった・・・( ̄▽ ̄;

うかつでした・・・_| ̄|○

あー絶対変わった人だと思われたな、こりゃ。
まぁ、否定はしないけどー。
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

上映終了になる前に・・・

「THIS IS SPARTA!!!!!!」

「300<スリー・ハンドレッド>」の決めゼリフですな。
ロードショーから1ヶ月が過ぎ、ボチボチ上映回数が減ってきたので
もう1度だけ見に行っちゃおうかなーと思っています。
 
えぇ、これで3回目ですが、何か?

あ、トム・ウィズダムの出演している「バトルライン(Sword of Honour)」見ました。
ちょい役かと思ったら結構ストーリーの中では重要な役だった。
正直言いますよ。「300」で彼を知っただけにシャープさがなかったですwwwwww
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『300<スリーハンドレッド>』2回目

2回目行ってきました。
この映画は2度見ても(・∀・)イイ!!っすね!!

1回目は試写会で。

パンフとアートブックでお勉強。

『トロイ』のDVDの特典VTR見て復習。

2回目鑑賞。
続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『GOAL! 2』

第1弾に続き第2弾。
・・・ともなると「うーん・・・」というところも出てくるわけですが。
まぁ、それはさておき。

いやー。カシージャスが大活躍でした。
どこかの誰かさんたちを見ているようで、思わず同情(爆)

サンティアゴくんの自暴自棄の数々はありえないっすww
なんで退場した試合の途中で勝手に帰宅してるのかと。

続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『プレステージ』

※結末は言いませんので各自確認してください。
※でも最後のワンカットまで良く見てください。

「あなたは絶対に騙される」ってうたい文句の映画ですが
まぁ、マジックじゃなくて「科学」ですね。

マジックを見ているわけでもなければ
タネ明かしを見ているわけでもない気分になれば
そこそこの満足度は得られるかと思います。
いや、マジックでもタネ明かしでもないんですけどね。
あくまでも「科学」を見ているんだと。

最後の最後、本当に最後のワンシーン(もといワンカット)で
ピンとくるか来ないかで評価は180度変わるよ、マジ。

タイトルバックに映るシルクハットや実験台の黒猫、
テスラのセリフにも重要なカギが含まれています。
続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『300<スリー・ハンドレッド>』

一足お先に、試写会で見てきました。

ヘロドトスの『歴史』7巻に書かれた
古代ギリシアとアケメネス朝ペルシアの「テルモピュライの戦い」を
描いたものですが、スゴイ迫力。

いや、普通に見ても迫力あるのに
東京国際フォーラムAホールの前から6列目(これが最前列)だったので
スクリーンが近すぎてw なんかね、見ているこちらが
返り血を浴びたりするんじゃないかと思うほどでww

臨場感いっぱいでした。

CGを多用している映画ってそれなりの安っぽさが出てしまうけど
『300』ではCGとかあまり気にならない感じです。

お茶の間で見ようとしているそこのアナタ!!
映画館に行って見て下さい。TVの前ではこの迫力は味わえません。
あ、R-15指定なので15歳以下の方はご遠慮下さいw

ストーリーを理解するうえで、事前にペルシア戦争について
少し勉強していくとわかりやすいかも知れません。


続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『大日本人』

あのダウンタウン・松本人志が監督をした作品。

前半はかなりシリアスな雰囲気だった。
最初はつまらないというか、飽きるというか・・・
でも、お金を掛けた大作とは一味違う、ドキュメンタリーみたいな。
何だろう、こういう映画の手法ってあるんだねーと感心。

大日本人が"獣"と戦うシーンとか見てるとさ
よくキャストがOKだしたよな、これwって思うシーンもあるんだけど
それよりも胸スポンサーがwwwwとか細かいところで笑えるし。

それと獣に扮した役者の表情とか見事なものですよ。

でも、勝ち目のない相手には大日本人も逃げちゃうとか。

って半笑いみたいな状態になってきたら
残り20分くらいから
続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』

いやーお馬鹿な映画でした( ´ー`)
賛否両論あるけどこれはこれで面白いと思ったけどね。
何も考えずに頭を空にして見れば、かなり笑えますw

結局ね、これで笑い飛ばせないってことは
日本の常識を世界の常識と思い込んでいる証拠だと思う。
生まれ育った場所が違えば、考え方もジョークも違うわけで。
異文化コミュニケーションの難しさを実感しました。
続きを読む >>
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

これからこの映画を見る方へ。

1(呪われた海賊たち)、2(デッドマンズ・チェスト)を
1度通して復習してから劇場に向かいましょう。
1と2がわからないと、登場人物やストーリー展開が
あまり良く理解出来ないかと思います。

1と2を見てストーリーを知っている方。
劇場パンフレットや入場時に渡されるものが
しっかりネタバレしてくれちゃってるわけですが
登場人物以外は目を通さずに本編を見ることをオススメします。

それと・・・最後まで見ましょう。
長編映画なので途中で飽きてしまう人、エンドロールの終了を
待つことが出来ない人も是非最後まで!!

そして最後のシーンが終わった時
改めて最初のシーンを思い出して見ましょう。
1つ、謎が解けるはずです。

話題作だけにネタバレはしませんが、
全体の展開は想定内だったことだけは伝えておきます。

でも、普通に楽しめる作品だと思います。
movie | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -